原子力規制委員が原子力規制庁の官僚を叱責

開始後37分から43分までの更田原子力規制委員と原子力規制庁の三浦室長のバトルが非常に面白い。

美浜発電所が発電所の外の火災の影響を評価してるんだけど、規制庁の指示で4キロ離れた「もんじゅ」でナトリウム火災が起きたらどうなるの?ってことを評価した。

これに噛み付いたのが更田委員。こんな評価に何の意味があるんだ!と叱責。

その叱責を受けた三浦室長は、ニヤニヤと笑っています。なんだこの官僚。

あきれてものが言えないね。

敵に塩を送る必要があるか?

発電設備を自前で持たない新電力はどこから電気を仕入れるのか?

1 自治体のゴミ発電など
2 企業の自家発電
3 企業(大手電力以外)が作った火力発電所など
4 電力卸取引所での入札

4番は大手電力の余剰電力が売りに出るのを期待した市場。

しかし、九州電力以外の電力は原子力が動いていないために、そもそも余剰電力が少ないし、価格も高い。

東京電力ホールディングスも自社の電気が高いために、他社から仕入れているほど。

法律などで強制的に大手電力から電気を市場に売りに出させるなんてことも考えてるみたいだけど、原子力が動いてない状況ではそれは無理な相談でしょう。

まだまだ原子力規制庁の審査は長くかかるだろうから、電力卸取引所が活性化する日は遠く、高止まりの電力入札に耐えられなくなった新電力は日本ロジテックのように、バタバタと倒産していきます。

よって、新電力に切り替えるなら自前の発電所をちゃんと所有しているところを選ぶべき。東京ガスとか。JXとか。

電力会社を切り替えたあとに大地震で停電になったら

安心してください。

従来からの大手電力会社の配電組織、送電組織が万全の対策を行う。

家庭までの電線網は、新電力会社に切り替わっても、大手電力会社で管理している。

そのため、大地震で送電線が倒れればすぐに修復をするし、電柱が折れてもすぐに復旧する。

今回の小売自由化は、発電側の問題。地震なので新電力の発電所にトラブルがあっても、大手電力会社の発電所が無事であれば、配電線網が復旧すれば停電は復帰する。

北陸電力は破綻しない!

原子力反対の地震学者が志賀原子力発電所の下に活断層があると主張しているだけで、それをマスコミがやいのやいのと騒いでいるだけ。

安全審査が始まれば、基準には合格するだろう。

もし合格しなければ、北陸電力は規制委員会を相手どって訴訟を起こすことになるだろう。

地震が怖いのは、岩盤の上の層が揺れること。原子力発電所の炉心は岩盤まで掘り下げてそこに設置しているから影響は少ない。

熊本地震ではマンションの1階部分が押しつぶされてしまったケースもあったが、原子力ではそんなことにはならない。

新電力5位がついに破産

自前の発電所をもたない机上電力会社の「日本ロジテック協同組合」がついに破産した。

安く仕入れて利益を乗せて売る。

しかし、電気の仕入れ以外にも託送量(送電線の使用量)など他の経費もあり、利ざやがとれなくなったのだろう。

競争が進めば、電気の仕入れ料金は入札だから上昇し、価格競争で売値は下げるしかないから、自前の発電所のない新電力はこれから苦しくなるでしょう。

新電力に切り替えたあと、電気料金を滞納したら

直ちに電気を停められることはありません。安心してください、15日前までに予告があります。

その場合でも既存の大手電力会社から電気の供給を受けられます。

しかし、2020年3月からは、大手電力会社への電気の供給義務も撤廃される予定ですので、お金の払えないない人は電気も停まります。

ガス会社は生き残れるのか?

日本人は、一次エネルギーの43%は電力として利用しています。

残りは直接燃やして暖房とか、調理とか。

実はガス会社と電力会社のガスの輸入量を比較すると、圧倒的に電力会社の方が多いわけです。

ガス事業が自由化したら、価格競争力では圧倒的に電力会社が強いということです。

今は、原子力が停まってるので、電気料金が高く、どんどんガス会社に契約切り替えが進んでますが、いずれ電力会社が2010年レベルまで下げたときに、新電力はバタバタと撤退していき、ガス会社も例外ではなくなるでしょう。

その際、電力会社がガス会社の買収に動くかもしれません。

地震の際に一番復旧が早かったのは実は電気。ガスは買収された上で、家庭用へのガス供給は撤退するんではないかと思います。

エネルギーはほぼ電気になり、電気料金は大手電力会社の思うがまま。

イギリスみたいに先に自由化した国のように電気料金は2倍になってるかもしれません。

北陸電力は破綻してしまうのか?

志賀原発に活断層があると原子力規制庁が認定したことで、北陸電力の破綻が現実味を帯びてます。

関西電力も中部電力も経営に余裕がないので、救済を拒否。

一方、北陸電力管内で一般家庭に電力を小売しようとする会社は1社しかない。

その1社とはau電気。au電気は自前の発電所を持たないなから、電気料金を安く維持するのは難しくなるでしょうね。

北陸の人たちはいずれ日本一高い電気代を払うことになるんでしょうね。