北陸電力志賀原発の真下に活断層が・・・

原子力規制委員会の有識者会合が判断を変えませんでした。

今の規制では、活断層の上には原子力発電所を作ってはいけないので、このままで行くと廃炉になってしまいます。

もし、北陸電力の主張が認められない場合、北陸電力は大変なダメージを負うことになります。

一度は国がOKを出して建設をしたわけですから、そのOKした国に対して北陸電力は損害賠償を求めるのが筋ではないかと思います。請求額は建設費はもちろん、今後生み出す予定だった利益も合算されるのではないでしょうか?

もし、このまま北陸電力が泣き寝入りすると、今度は北陸電力の株主が訴えを起こさない経営陣に対して株主代表訴訟を起こすことになるでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA