次亜塩素酸水

アルコールが世の中に不足しているため、次亜塩素酸水が脚光をあびています。
しかし、この水は作成したあとの保管状態などにより効果がなくなる可能性もあり、使用には注意が必要です。

食品衛生法では使用を認められていますが、それは生成装置から直接使う場合です。
タンクや容器に貯めたものではないのです。しかも、市場に流通させるまえに食品から洗い流しておく必要があります。

ですから、除菌ができると思ってアルコールの代わりに使っても、実はただの水でふいていたと同じってこともありえるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA